沖縄冬の観光はどうするべき?
2月・3月のの沖縄…冬の沖縄の観光ってどこに行けばいいの?冬の沖縄旅行の情報を紹介しています。
沖縄冬の観光TOP
沖縄観光/冬の観光
記事ライター
沖縄の冬を満喫!

沖縄へ旅行の計画を立てたけどどうしても冬のスケジュールしか空いていない。確かに夏に比べると航空券は安いしホテルは安いしレンタカーまで安い。まさにシーズンオフの沖縄ですが、冬に沖縄に行く意味あるの?冬だけの沖縄の楽しみ方はないの?そんな疑問にお答えする情報サイトです。

執筆者:新垣

夏が本番の沖縄

沖縄といえば日差しと海、魚にマリンスポーツ、そしてトロピカルフルーツ・・・といったような、いかにも「夏」といったイメージを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。それもそのはず。何故なら、沖縄の気温を見ると、1年のほとんどの時期は日本の本州などでいう「夏」に相当する気温だからです。


沖縄の気温

年間の月別平均気温だけで考えても、沖縄では4月から11月までは20℃を超えています。参考までに東京の気温と比較すると、東京で平均気温が20℃を上回るのは6月から9月まで。

言うなれば沖縄の1年は「夏、夏、夏、冬」といった感じでしょうか。5月から10月までは、海でウェットスーツではなく普通の水着で泳いでいてもおかしくないですし、しかも、ただでさえ短い冬ですらも、気温が高い日には25℃を超えることがあり、暖かいどころか暑いと感じることもあります。


沖縄の観光は夏だけなのか?

そこで「やはり沖縄=夏」、と思われる方もみえるかもしれませんが、発想を転換すれば、沖縄なら冬でもたくさん着込むことなく、比較的身軽な格好で外を歩くことができるということです。沖縄の夏は、当たり前ですが暑く、また非常に日差しが強いので、特にお子さんや高齢の方がいる場合は、熱中症対策に常に気を配る必要があります。
さらに、5から11月までは本土の真夏並みの紫外線対策をしないと、曇りの日の思わぬ日焼けに悩まされることもあるのです。「むしろこんがり焼いて健康的な体に見せたい!」という方でも、夏にビーチで日差しを浴びながら昼寝でもしていたら、確実にやけど状態になり、病院に行くことになるので、沖縄の紫外線は思っている以上に危険なのです。
その点、沖縄の冬はほどほどの寒さなので、おそらくほとんどの方は長袖やセーター、寒がりの人ならコートを着ることもあるかもしれませんが、少なくとも全身に日焼け止めを塗りこむ必要はなくなるので、荷物も減りますし、熱中症や紫外線対策にかける時間やお金もかなり減るのではないでしょうか。


快適に過ごせます

寒緋桜

日本一開花の早い沖縄の寒緋桜

また、暖かい割には、冬であるため台風や梅雨に外出、あるいは船の航行や飛行機の離発着を邪魔されることもないので、旅行に来る方も安心して日程を組むことができます。確かに海は沖縄の魅力の1つではありますが、沖縄の楽しみは決してそれだけではありません。長い歴史を誇る琉球王国時代からの史跡や、独特の文化の中で生み出されてきた美術品や工芸品、ゴルフプロ野球キャンプ、トレッキング、買い物、そして、日本のどこより先に咲く桜など、実は沖縄ならではの冬には、様々な人が楽しめる要素が盛りだくさんに存在するのです。


特集!冬の沖縄の楽しみ方

泊まる

見学

ショッピング

テーマパーク

楽しむ

学ぶ

イベント